出産祝いのマナー

送料無料】出産祝いに!
世界に一つだけのふわふわ名前入り四点セット(名前入り/名入れ

出産祝いはあくまでも出産してからのお祝いです。出産前に贈ってはいけないと言われています。万一死産のときには大変失礼にあたるからです。
出産という大仕事を終えたお母さんは休養が大切ですので肉親やごく親しい人以外は出産後すぐに伺うのは避けましょう。
お見舞が出産後1か月を過ぎる場合はお祝いはその前に贈るかお祝いの電話や手紙などを送っておきましょう。
体調が整い始めるのは、お七夜を過ぎた辺りから生後1ヶ月くらいまでの間。 お祝いに適しているのは、この時期でしょう。ただし、この頃はまだ赤ちゃんに手がかかる時でもあり、赤ちゃんの抵抗力もまだ低いので、風邪をひいている方は訪問を控えた方が良いでしょう。特に感染症などに掛かりやすい小さな子どもを一緒に連れて行くのは避けたいところです。

出産祝いの相場

出産祝いギフトは、お祝いの気持ちを包むものなので、基本的に決まった金額はありません。しかし相手に失礼のないように一般的な相場は知っておきたいものです。
お祝いの金額としては、お付き合いの程度に応じて、5,000円から10,000円程度の金額が相場。年齢や立場に不相応だと、かえって贈られた相手に負担を感じさせる事となりますので、無理をしないようにしてください。
けれども、お付き合いの深さ、地域的な伝統習慣などで相場が変わる場合もありますので周りの人に相談したり、みんなで金額をまとめたりと、工夫をして贈るのも良いですね。
お祝いに使うお札は汚れたものや折れ曲がったものは避けて、必ず新札を入れて贈りましょう。また、お祝い事なので「4」 や「9」はタブーとされていますので使わないように注意しましょう。

喜ばれる出産祝いのギフトとは

出産祝いといえば、赤ちゃんが対象のギフトがほとんどですが、ママへの労をねぎらってママが喜ぶものを贈るのも気が利いていて良いですね。
例えば、車を持っていないのにチャイルドシートを贈ったり、母乳育児なのにミルクを贈ったり、など相手の生活環境やライフスタイルを考えてギフトを選ばないと、いくら高価なものを贈っても無駄になってしまいます。
しかし、あまり深刻に考えすぎると選ぶ側も悩んでしまうので、「何が必要かな〜?」と赤ちゃんとの生活を思い浮かべてみましょう。楽しみながら選んであげれば、きっと喜ばれる出産祝いギフトを選ぶことが出来るのではないでしょうか?
他の人と重ならないようにギフトを選びたいものですが、特に大型育児用品は場所をとってしまい本当に無駄になる可能性があるので注意しましょう。お金や消耗品、洋服などはいくつあっても嬉しいものです。また、新生児用の肌着などは、出産後すぐに使用するものなのでママが既に用意している可能性が高いので必要ないと思います。

スポンサードリンク

出産内祝いとは

本来の内祝いとは、内輪の親しい人たちでするお祝いのことですが、現在では出産祝いをいただいた方へのお礼の贈り物を内祝いといっています。
出産祝いは、生後1ヶ月までに贈るのがふさわしいとされています。したがって、内祝いはお宮参りの頃つまり生後1ヶ月くらいで贈るのが一般的です。
ただし、生後1ヶ月を過ぎてから出産祝いをいただいた場合は、いただいた後1ヶ月以内に内祝いを贈れば礼を失することにはならないでしょう。最近では、出産祝いをいただいた方のみに内祝いを贈るケースが多いようです。